World Motorcycle News – Free PR site for V-Twin Market. Est.2011

 header image 2

クリヤキン VS CIRO

2017年04月20日 · コメント(0) · 2017, その他 / Others, 海外情報

数多くあるハーレー用アフターマーケットアクセサリーブランドの中でもトップシェアを誇るクリヤキン。簡単に取り付けられるアクセサリーと言うポジションを独占的に確保しているクリヤキンに突如現れたコンペティターのCIRO(シロ)。CIROの商品ラインアップを見ると明らかにクリヤキンに当て込んできている。『CIROとは何なんだ?』とお思いの方も多いと思います。

ここで、この2つのブランドに付いて説明します。

KURYAKYN / クリヤキンはトム ラッドが1987年に創業。何を隠そうアメリカ大手ディストリビュータのドラッグスペシャルティーズは1968年にトムが創業しているのです。そして1987年にドラッグスペシャルティーズを売り、クリヤキンを創業しています。その後、トムはクリヤキンをMAG(モータースポーツアフターマーケットグループ)に売り、2013年迄クリヤキンの代表を務め、2014年にクリヤキン代表交代を機に会長の座についています。新しいクリヤキンの代表には元カスタムクローム/カスタムクロームヨーロッパ代表のホルガーモアが就任しています。代表交代を機にクリヤキンは昔のイメージから新しい方向に生まれ変わっています。

もう一方のCIROは2014年にエアロ ラッドが創業。エアロの苗字はラッド。そうです、エアロはトムの子息になります。そのエアロが立ち上げたCIROは父親のトムが創業したクリヤキンと同じコンセプトのアクセサリーメーカーなのです。

そして、アメリカ国内でCIROを独占的に販売しているのが父親が創業したもう一つの会社のドラッグスペシャルティーズ。そのドラッグスペシャルティーズのコンペティターであるタッカーロッキー/バイカーズチョイスは2014年にMAGと合併しています。となりますと、CIRO/ドラッグスペシャルティーズ、クリヤキン/バイカーズチョイスと言う絵面が浮かび上がってきます。

何故にエアロは父親が創業したクリヤキンでは無く、自分でCIROを立ち上げたのか?トムとの確執なのか?クリヤキンとの関係を断ち切られたドラッグスペシャルティーズの復讐劇なのか?

真相はわかりませんが何か因縁めいた気がします。

タグ :

コメント(0)

コメントは受け付けていません。