World Motorcycle News – Free PR site for V-Twin Market. Est.2011

 header image 4

海外情報

クリヤキン VS CIRO

2017年04月20日 · クリヤキン VS CIRO はコメントを受け付けていません。 · 2017, その他 / Others, 海外情報

数多くあるハーレー用アフターマーケットアクセサリーブランドの中でもトップシェアを誇るクリヤキン。簡単に取り付けられるアクセサリーと言うポジションを独占的に確保しているクリヤキンに突如現れたコンペティターのCIRO(シロ)。CIROの商品ラインアップを見ると明らかにクリヤキンに当て込んできている。『CIROとは何なんだ?』とお思いの方も多いと思います。 ここで、この2つのブランドに付いて説明します。 KURYAKYN / クリヤキンはトム ラッドが1987年に創業。何を隠そうアメリカ大手ディストリビュータのドラッグスペシャルティーズは1968年にトムが創業しているのです。そして1987年にドラッグスペシャルティーズを売り、クリヤキンを創業しています。その後、トムはクリヤキンをMAG(モータースポーツアフターマーケットグループ)に売り、2013年迄クリヤキンの代表を務め、2014年にクリヤキン代表交代を機に会長の座についています。新しいクリヤキンの代表には元カスタムクローム/カスタムクロームヨーロッパ代表のホルガーモアが就任しています。代表交代を機にクリヤキンは昔のイメージから新しい方向に生まれ変わっています。 もう一方のCIROは2014年にエアロ ラッドが創業。エアロの苗字はラッド。そうです、エアロはトムの子息になります。そのエアロが立ち上げたCIROは父親のトムが創業したクリヤキンと同じコンセプトのアクセサリーメーカーなのです。 そして、アメリカ国内でCIROを独占的に販売しているのが父親が創業したもう一つの会社のドラッグスペシャルティーズ。そのドラッグスペシャルティーズのコンペティターであるタッカーロッキー/バイカーズチョイスは2014年にMAGと合併しています。となりますと、CIRO/ドラッグスペシャルティーズ、クリヤキン/バイカーズチョイスと言う絵面が浮かび上がってきます。 何故にエアロは父親が創業したクリヤキンでは無く、自分でCIROを立ち上げたのか?トムとの確執なのか?クリヤキンとの関係を断ち切られたドラッグスペシャルティーズの復讐劇なのか? 真相はわかりませんが何か因縁めいた気がします。

[続きを読む →]

タグ :

カリフォルニア州 鉛バッテリー回収開始

2017年04月08日 · カリフォルニア州 鉛バッテリー回収開始 はコメントを受け付けていません。 · 2017, エレクトリカル / Electrical, 海外情報

2016年9月、鉛バッテリーリサイクリングに関してCA州知事が署名し2017年1月1日からリサイクルを目的とした鉛バッテリー回収が開始されました。 販売店は新しいバッテリーをエンドユーザーに販売した際に、リサイクルチャージとして$1を課します。使用済みのバッテリーを持ち込んだ際に$1はエンドユーザーに返金されるシステムで、バッテリー重量5キロ、6V以上のバッテリーを対象にしています。 また、販売店は新品バッテリーの購入、未購入に関わらず使用済みバッテリーの引き取り行う義務が発生しています。 我々、日本人には直接関係ない話ですが一つの情報として知っておいて良いかと思います。 ちなみに、アメリカからの空輸でのバッテリー輸入は可能です。ただし、バッテリーケースが破損した場合にケース内の液が漏れない仕組みになっている事が条件です。AGM、ゲルバッテリー、希硫酸の入っていないドライバッテリーは空輸可能。リチウムバッテリーは条件付きで空輸可能ですが基本的にNGと考えた方が良いです。 また、バッテリーは各メーカーがターミナル、内部の構造にパテントを持っています。輸入したバッテリーがパテント侵害で輸入禁止になる可能性もあります。お気を付けください。

[続きを読む →]

タグ :