World Motorcycle News – Free PR site for V-Twin Market. Est.2011

 header image 1

Vance & Hines – CTR パフォーマンスキット

2017年05月26日 · 2017, インテーク / Intake

バンス&ハインズから新しく吸排気EFIコントロールキットがリリースされます。

その名もCTR パフォーマンスキット。CTRとはC:セラミック T:サーマル R:リダクションの頭文字。

このキットは排気ガス規制の厳しいカリフォルニア州のE.O. K-006-3基準をクリヤしているので合法的にアメリカの全ての州で販売する事が可能になっています。音量に関しての情報は上がっておりませんので日本のお客さまへの有益性については不明です。

CTR パフォーマンスキットには、パワーデュアルCTRヘッダーパイプ、スリップオンマフラー(5種類)、フューエルパックFPCチューナー、VO2エアインテークがラインアップされています。

詳細はVANCE&HINESまで。

Vance & Hines introduces the CTR Performance Kit, the first aftermarket 50-state emissions compliant system for late model Harley-Davidson motorcycles. Providing the complete package for exhaust, air and tuning, the CTR Performance Kit has been granted an Executive Order (E.O. K-006-3) from the Air Resources Board of California, which means the CTR Performance Kit has been evaluated and shown not to increase emissions on 2014-2016 Harley-Davidson Touring models. This allows CTR performance systems to be installed on street registered motorcycles.

 

 

Vance & Hines – CTR パフォーマンスキット はコメントを受け付けていません。タグ :

ニッキーヘイデン

2017年05月23日 · 2017

非常に残念なニュースです。
2006年モトGPチャンピオンのニッキーヘイデンがイタリヤで交通事故に遭い現地時間の5/22に現地の病院で永眠されました。
安らかにお眠りください。

ニッキーヘイデン はコメントを受け付けていません。タグ :

F.T.W. SHOW Final 2

2017年05月19日 · 2017, イベント / Events

九州を代表するカスタムバイク&カーイベントのF.T.W.ショーが今週末の日曜日に開催されます。
今回をもって最後となるF.T.W.ショー。是非見に行きましょう!

F.T.W. Show is the one of the best show in Japan. Unfortunately, it’s gonna be the last show. You have to be there to see the last F.T.W. Show. The show will be held on 5/21. Upcoming this Sunday!  For more details at F.T.W. Show.

F.T.W. SHOW Final 2 はコメントを受け付けていません。タグ :

XTREME MACHINE – CHARGER

2017年05月15日 · ホイール&タイヤ / Wheels&Tires

エクストリームマシンからニューデザインのチャージャーが登場です。
Vスタイルのフラット5スポークがシンプルながらもスピード感のあるデザインに仕上がっています。特にリムに施されたスピードラインが新しい印象です。仕上げはクロームとエクスクイジット(プラチナムカット)

詳細はエクストリームマシンまで

XTREME MACHINE – CHARGER はコメントを受け付けていません。タグ :

Brass Balls Cycles

2017年05月12日 · 2017, イベント / Events, ハンドコントロール / Hand Controls, フットコントロール / Foot Controls

 

オクラホマに拠点を構えるブラスボールズサイクルズ。AMDカスタムバイクショーのプロダクションバイク部門で2011/2012年に2度ワールドチャンピオンになっています。その後の紆余曲折を乗り越えてパーツ販売を再始動しました。

緻密なデザインながらも過度なデザイン、作り込みを感じさせないシンプルなデザインに仕上がっています。詳細はブラスボールズサイクルまで。

 

Brass Balls Cycles はコメントを受け付けていません。タグ :

クリヤキン VS CIRO

2017年04月20日 · 2017, その他 / Others, 海外情報

数多くあるハーレー用アフターマーケットアクセサリーブランドの中でもトップシェアを誇るクリヤキン。簡単に取り付けられるアクセサリーと言うポジションを独占的に確保しているクリヤキンに突如現れたコンペティターのCIRO(シロ)。CIROの商品ラインアップを見ると明らかにクリヤキンに当て込んできている。『CIROとは何なんだ?』とお思いの方も多いと思います。

ここで、この2つのブランドに付いて説明します。

KURYAKYN / クリヤキンはトム ラッドが1987年に創業。何を隠そうアメリカ大手ディストリビュータのドラッグスペシャルティーズは1968年にトムが創業しているのです。そして1987年にドラッグスペシャルティーズを売り、クリヤキンを創業しています。その後、トムはクリヤキンをMAG(モータースポーツアフターマーケットグループ)に売り、2013年迄クリヤキンの代表を務め、2014年にクリヤキン代表交代を機に会長の座についています。新しいクリヤキンの代表には元カスタムクローム/カスタムクロームヨーロッパ代表のホルガーモアが就任しています。代表交代を機にクリヤキンは昔のイメージから新しい方向に生まれ変わっています。

もう一方のCIROは2014年にエアロ ラッドが創業。エアロの苗字はラッド。そうです、エアロはトムの子息になります。そのエアロが立ち上げたCIROは父親のトムが創業したクリヤキンと同じコンセプトのアクセサリーメーカーなのです。

そして、アメリカ国内でCIROを独占的に販売しているのが父親が創業したもう一つの会社のドラッグスペシャルティーズ。そのドラッグスペシャルティーズのコンペティターであるタッカーロッキー/バイカーズチョイスは2014年にMAGと合併しています。となりますと、CIRO/ドラッグスペシャルティーズ、クリヤキン/バイカーズチョイスと言う絵面が浮かび上がってきます。

何故にエアロは父親が創業したクリヤキンでは無く、自分でCIROを立ち上げたのか?トムとの確執なのか?クリヤキンとの関係を断ち切られたドラッグスペシャルティーズの復讐劇なのか?

真相はわかりませんが何か因縁めいた気がします。

クリヤキン VS CIRO はコメントを受け付けていません。タグ :

カリフォルニア州 鉛バッテリー回収開始

2017年04月08日 · 2017, エレクトリカル / Electrical, 海外情報

AGM BATTERY2016年9月、鉛バッテリーリサイクリングに関してCA州知事が署名し2017年1月1日からリサイクルを目的とした鉛バッテリー回収が開始されました。

販売店は新しいバッテリーをエンドユーザーに販売した際に、リサイクルチャージとして$1を課します。使用済みのバッテリーを持ち込んだ際に$1はエンドユーザーに返金されるシステムで、バッテリー重量5キロ、6V以上のバッテリーを対象にしています。
また、販売店は新品バッテリーの購入、未購入に関わらず使用済みバッテリーの引き取り行う義務が発生しています。

我々、日本人には直接関係ない話ですが一つの情報として知っておいて良いかと思います。

ちなみに、アメリカからの空輸でのバッテリー輸入は可能です。ただし、バッテリーケースが破損した場合にケース内の液が漏れない仕組みになっている事が条件です。AGM、ゲルバッテリー、希硫酸の入っていないドライバッテリーは空輸可能。リチウムバッテリーは条件付きで空輸可能ですが基本的にNGと考えた方が良いです。

また、バッテリーは各メーカーがターミナル、内部の構造にパテントを持っています。輸入したバッテリーがパテント侵害で輸入禁止になる可能性もあります。お気を付けください。

カリフォルニア州 鉛バッテリー回収開始 はコメントを受け付けていません。タグ :

パイザノ出版社 オーナーリタイヤ、権利譲渡オークション

2017年03月10日 · 2017, ニュース / News, 書籍&DVD / Book&DVD

PAISANO

またしてもショッキングなニュースです。
イージーライダース誌出版元パイザノパブリッシングのオーナー/編集長のジョーテレシ氏のリタイヤにともないパイザノパブリッシング及び関係するすべての権利を手放し、権利は競売に掛けられます。リザーブ価格が$300万、予想される落札金額は$500万~700万と見込まれています。

事業継承では無く、全ての権利を売りリタイヤするという永遠のアメリカンドリームを体現してくれるジョーこそがイージーライダーなのでしょう。

新しいオーナーがバイカーカルチャーに情熱を持った人である事を望みます。
しかし、荒れる申年を終えても酉年も大きなニュースが続いています。

 

パイザノ出版社 オーナーリタイヤ、権利譲渡オークション はコメントを受け付けていません。タグ :